弘南バス100円キャンペーン、ICカードで2月


 交通系ICカード「MegoICa(メゴイカ)」導入1周年を記念し、弘南バス(本社青森県弘前市)は2月25日、メゴイカやスイカなどのICカードを利用すると、同社の路線バスを全線100円で乗れるキャンペーンを行う。18日発表した。

 例えば、五所川原-小泊間は通常1760円だが、キャンペーン当日は100円で乗ることができる。

 メゴイカは1月15日時点で、累計1万5641枚発行済み。同社によると、メゴイカを導入したことで、事前に小銭を用意する必要がなくなったほか、独自のポイント還元があることから乗客には好評という。

 同社の工藤智久社長は「普段路線バスに乗る機会がない沿線の人たちが乗車するきっかけとなり、公共交通の価値が再確認されることを期待している」とコメントした。

 また、ICカードの有無にかかわらず、青森県と首都圏を行き来する高速バスの2月25日~3月3日の運賃を割り引く。

弘前市

青森
五輪盛り上げる日仏友好の金魚ねぷた/弘前
青森
GOKANのアート楽しんで/フェス実行委が子ども向け鑑賞ガイド
青森
「津軽西海岸の石」テーマ 県外在住のアーティスト6組、オブジェや絵画など展示/弘前
青森
弘南鉄道大鰐線で金魚ねぷた列車スタート
青森
「金魚ねぷた列車」6日運行開始/弘南鉄道大鰐線