GMUのふるさとナビ3 五所川原・馬味噌ラーメン


 太宰治といえば、青森県が生んだ偉大な作家ですよね。数多くの作品の中で、短編小説「走れメロス」は学校の授業でよく取り上げられるので、皆さんもご存じでしょう。今回は太宰の故郷・五所川原市金木地域で愛されてきた馬肉料理がテーマ。その魅力をお伝えするため、GMUの木村莉奈、鳴海ルナ、桃葉まいが津軽路へ走りました。

 食リポ場所は、太宰治記念館「斜陽館」のすぐ向かいにある金木観光物産館「産直メロス」です。佐々木孝昌市長が「太宰の作品は中学校の教科書にも載っていて、太宰の生家である斜陽館は全国からファンが訪れる有名な場所なんですよ」と教えてくださいました。そういえば、近くでは「メロス」という名前がついた施設や乗り物が目に付きます。それでは、市長さんもお薦めの「馬味噌(うまみそ)ラーメン」(1100円)をいただきましょう。3人とも初対面です。

 鳴海は「食欲をそそられる味噌の香りで元気が出そう」、木村も「縮れ麺と馬肉の相性がばっちり」と食べ応えが気に入ったようです。6時間も煮込んだという馬スジ肉は「しっかりした食感が残っていて、味噌仕立ての鍋料理で馬肉を味わってきた地域の食文化が生かされている逸品」(桃葉)でした。地元の野菜がたっぷり使われているのも、産直施設のメニューならでは。これからの寒い時季にもぴったりです。

 食リポの合間に、3人は斜陽館を見学。太宰が生まれた部屋や洋風の内装、家具などを見ながら、当時の暮らしぶりを想像してみました。食の魅力を楽しむのはもちろん、読書の秋に太宰作品をじっくり味わうのもいいかもです。

 ▼問い合わせ 産直メロス(TEL0173-54-1155)

◆◆◆ちょっと耳寄り◆◆◆

 ■郷土菓子&ソフトの新商品「笹餅サンデー」 もちもち食感と素朴な甘さで根強い人気がある郷土菓子・笹餅(ささもち)を、あんこ、ソフトクリームと組み合わせた産直メロスの新感覚スイーツが笹餅サンデー(600円)です。ベースになっているワッフルのサクサクした歯応えも魅力。笹餅名人の元気なおばあちゃんたちで知られる金木地域の新名物として、今年7月の発売から行楽客に大人気です。

佐々木市長お薦めの馬味噌ラーメンの食リポを楽しむGMU(左から)木村、桃葉、鳴海

全国から多くの太宰ファンが訪れる斜陽館

モチモチ食感が楽しめる笹餅(手前)と笹餅サンデー各種

五所川原市

青森
ひな人形、春のほほ笑み/津軽金山焼、新作窯出し
青森
音楽も楽しめる桜祭り4月初開催/五所川原
青森
暖冬でも銀世界満喫/「地吹雪体験」始まる
青森
“冬の桜”ライトアップ/金木・芦野公園駅
青森
新たな登り窯から「辰」/津軽金山焼