全国ゆるキャラすもう4年ぶり開催 優勝は…

決勝で熱戦を繰り広げる「うまいちくん」(左)と「つるりん」

 青森県全国ゆるキャラすもう大会が18日、つがる市のイオンモールつがる柏で4年ぶりに開かれた。自治体や企業などのPRのために県内から集まったゆるキャラ17体がトーナメントで熱戦を展開。地元のつがる市商工会の「うまいちくん」が初優勝した。

 地域の有志でつくる大会実行委員会(荒谷政志委員長)が、東日本大震災の復興を願い2013年から開催。20~22年はコロナ禍の影響で開催を見送り、今回が8回目となった。

 見かけによらず、機敏で力強い動きを見せるゆるきゃらたちに、大人も子どもも大喜び。中には、動きが激しすぎて頭部が取れてしまうハプニングもあり、会場は歓声と笑いに包まれた。

 決勝は、うまいちくんと鶴田町の「つるりん」が対戦。うまいちくんが土俵際でするりと左に回って体を入れ替え、華麗な「突き落とし」を決めた。東奥日報社の「福ロウ」は準決勝で敗れた。

 土俵近くで声援を送ったつがる市車力小2年の佐藤楓華さんは「頭が取れたのが面白かった。(つがる市の)『つがーるちゃん』がかわいかったけど、負けて悔しかった」と話した。

 今年は熊本県のPRキャラクター「くまモン」が特別ゲストとして登場し、切れのあるダンスを披露するなどして大会を盛り上げた。

特別ゲストの「くまモン」も会場を盛り上げた

つがる市

青森
神武食堂 創業100年、食の楽しみ届ける/つがる
青森
縄文カード第2弾、青森県の出土品網羅
青森
空き家を簡易宿泊所に 自転車ツアー団体代表理事・高橋さん改装 つがる、30日オープン
青森
「くまモン」来るモン ゆるキャラすもう大会/つがる
青森
AR動画楽しんで 9月2日縄文まつり/つがる