GMUのふるさとナビ3 つがる・農家の刺客


 青森県つがる市といえば、おいしいものいっぱいで有名ですが、このごろ聞き慣れないスイーツブランドが話題になってます。それは「農家の刺客」。少し怖そうな名前なんですけど、食欲には勝てません。GMU堀川あい、木村莉奈、桃葉まいが対決に向かいます。

 少しドキドキの3人に、倉光弘昭市長からメッセージが届きました。

 「2023年3月、東京・新宿マルイに新感覚スイーツショップ『農家の刺客』をオープンし、第1弾としてつがる市産のブランド農作物をぜいたくに使用したジェラートを発売しました。さらに地元や県内の方々にも味わっていただこうと、つがる市農産物直売所内『農家の刺客 つがるファクトリー』でも4月から提供しております。ぜひ味わってみてください」

 市長さんの親切なお招きに安心したので、つがるファクトリーへ直行です。

 ケースに並んだカラフルなジェラートは、1個350円、ダブルなら500円。地元産ナガイモを練り込んだ滑らか食感が自慢です。堀川がチョイスした<メロンとレモン>は「メロンの甘さに酸味が効いて、めっちゃさっぱり」。木村が選んだ<リンゴとシナモン>は「リンゴの風味にシナモンの相性バッチリでクリーミー」でした。

 <スイカとしお>を選んだ桃葉は「スイカの爽やかさに塩がアクセントになって、うまみが引き立ってる」と満足げ。3人がネコ耳を着けている理由と、まだまだ続く食リポの様子は動画でご覧くださいね。

 ▼問い合わせ つがるブランド推進会議(TEL0173-42-1114)

◆◆◆ちょっと耳寄り◆◆◆

 ■「農家の刺客」新宿にも つがる市産の食材を使ったジェラート店「農家の刺客」は、新宿駅東口から徒歩5分ほどのショッピングモール「新宿マルイ本館」の地下1階にもあります。営業時間は午前11時~午後9時。首都圏に住む家族やお友達に、ぜひ教えてあげてください。問い合わせは同店(TEL080-4322-4186)へ。

猫キャラになった気分でジェラートを手にするGMU(左から)堀川、木村、桃葉

ジェラートごとにデザインされた「農家の刺客」キャラ

倉光弘昭市長

3月にオープンした「農家の刺客」新宿マルイ店

つがる市

青森
神武食堂 創業100年、食の楽しみ届ける/つがる
青森
縄文カード第2弾、青森県の出土品網羅
青森
空き家を簡易宿泊所に 自転車ツアー団体代表理事・高橋さん改装 つがる、30日オープン
青森
全国ゆるキャラすもう4年ぶり開催 優勝は…
青森
「くまモン」来るモン ゆるキャラすもう大会/つがる