好評ガニ汁うどん復活 来年3月まで/道の駅おがわら湖

1日から提供している「ガニ汁うどん」

 青森県東北町の「道の駅おがわら湖」(木村大丈駅長)は1日から、道の駅食堂で、小川原湖で採れる町名産の「モクズガニ」を使った「ガニ汁うどん」の提供を始めた。昨年11月~今年3月に期間限定の新メニューとして売り出したところ、完売が続き、再度の提供を望む声が多かった。今回はだしの濃厚さを増して復活。来年3月末まで提供する。

 ガニ汁うどんはカニのだしが効きつつ、最後までつゆを飲める優しい味が特長。価格は900円(税込み)。平日は1日9食、土、日曜日と祝日は1日15食限定で、昨年より提供数を増やした。

 1日、早速味わった同町の沼田美由紀さん(55)は「昨年、ガニ汁うどんを食べておいしかったので、復活を楽しみにしていた。生臭さがなく、食べやすい」と笑顔で話した。

 木村駅長は「今回は多めに用意したので、前回食べられなかった人はぜひ、小川原湖の美味を堪能してほしい」と話した。

 食堂の営業時間は午前10時~午後4時。問い合わせは道の駅おがわら湖(電話0176-58-1122)へ。

東北町

青森
ナガイモなど使い東北町も空自「空上げ」
青森
サラブレッドの母馬たち のんびりと
青森
しらうお丼食べ頃 21日から「しらうお丼まつり」/東北町
青森
GMUのふるさとナビ2 東北町・シジミラーメン
青森
東北町職員が食リポ動画「地元飲食店を応援」