吉田屋(八戸)べんとうGP5年連続「金」

金賞に輝いた「函館カニ水産 カニ味噌ごはん」(右)と「牛ステーキとあわびとかきの鉄板焼き弁当」

 優れた弁当商品をたたえる「ファベックス 惣菜・べんとうグランプリ2019」で、青森県八戸市の吉田屋(吉田広城社長)が出品した二つの弁当が、最高賞の金賞に輝き、13日に小林眞八戸市長に報告した。吉田屋の金賞受賞は5年連続。

 グランプリは日本食糧新聞社が主催し、全国から約2千品の応募があった。吉田屋が金賞を受けたのは駅弁・空弁部門の「函館カニ水産 カニ味噌ごはん」。ベニズワイガニのフレークご飯の上に、ほぐし身とカニ味噌を盛った。価格は1300円(税込み)。

 もう一品はプレミア部門の「牛ステーキとあわびとかきの鉄板焼き弁当」。和牛と海鮮を鉄板焼き風に仕上げた。価格は1480円(税込み)。どちらも来月から八戸駅や東京駅などで販売する。審査では「5年連続金賞ということで審査のハードルを上げたが、その中でも光るものがあった」と審査員から高い評価を受けたという。

 同日は吉田社長らが金賞受賞の弁当を持参し、市庁を訪問した。味わった小林市長は「三陸産のカキなど素材が良く、すごくおいしい」と太鼓判。吉田社長は「駅弁は郷愁をそそる食べ物。地域をしっかりPRできる商品をこれからもつくりたい」と抱負を語った。

金賞に輝いた弁当を味わう小林市長(左)と吉田社長

八戸市

青森
鍋専用 紅白の新南部せんべいお披露目/八戸
岩手
八戸道30年、節目華やか 軽米・折爪SAで記念行事
青森
全国の名所で撮影/八戸・葦毛崎でフラメンコ
青森
南部せんべいのおいしさPR/八戸で初マルシェ
青森
氷都八戸の新拠点YSアリーナ 完成祝う