天台寺(二戸市浄法寺町)

 【現在改修中】728(神亀5)年の開山とされる天台宗の寺院。平安中期、11世紀ごろの作とされる鉈彫りの本尊・聖観音立像(国指定重要文化財)や十一面観音立像(同)などがあり、古代最北の仏教文化の地として人々の信仰を集めてきた。明治時代、廃仏毀釈による仏像の破壊や、代々住職を務めてきた家系が途絶えるなど荒廃が進んでいたが、1976年に今東光氏が住職就任、その後、弟子の瀬戸内寂聴さんが住職に就き、その法話を聞くために全国各地から人々が訪れるようになり、現在の由緒ある寺としての姿を取り戻した。

二戸市

岩手
九戸城跡周辺の魅力訪れ知って 31日までイベント
岩手
チキン料理王決定戦、あす開幕 二戸・九戸の17飲食店が参加
岩手
北東北3県の物産と食集結 二戸で8日にイベント
岩手
相馬大作から未来考えよう あす、特別記念対談を開催
岩手
癒やしの心継ぐアジサイ 17日まで天台寺で祭り