八甲田ロープウェーで星空と夜景を満喫

行楽客が星空と青森市の夜景を楽しんだ、八甲田ロープウェー山頂公園駅の展望デッキ=11日午後6時57分

 夕闇迫る八甲田から、夕焼けや夜景、星空を楽しむ企画「夕焼け・星空ロープウェー」が10日から始まった。好天に恵まれた翌11日も、多くの行楽客が営業を延長した八甲田ロープウェーを利用。ゴンドラや山頂公園駅付近からの眺めを満喫した。

 企画は、山頂公園駅に展望デッキが設置された2010年から毎年9月ごろに行われてきたが、昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止。今回は2年ぶりの実施となった。

 11日夕方の山頂駅付近は、青森市の方角にかかっていた薄曇が次第に晴れ、日没後は一面に広がる夜空の星と街の明かりが幻想的な雰囲気を演出。同市の会社員木村真悦さん(36)は「市内の夜景をこんなふうに見られるなんて新鮮」と話した。

 夕焼け・星空ロープウェーは30日まで。通常は午後4時台で終了する運行を、上り午後7時、下り午後7時20分まで延長している。

青森市

青森
三沢-青森「雪見列車」2月4日から復活
青森
画家・櫻庭さん 画業人生や表現世界語る
青森
東通村の味覚を一堂に/22日まで青森で物産展
青森
大韓航空青森-ソウル線2年10カ月ぶり再開
青森
混浴文化守ろう 実験「湯あみ着の日」/酸ケ湯