新緑 あふれる生命感/奥入瀬渓流

新緑の木々が周囲を鮮やかな緑色に染める奥入瀬渓流=11日午後、十和田市

 11日の青森県内は高気圧に覆われた状態が続き、最高気温は多くの地点で6月上旬から7月下旬並みとなる陽気に包まれた。各地の新緑は日ごとに鮮やかさを増し、十和田市の奥入瀬渓流でも行楽客が生命感あふれる風景を満喫した。

 十和田湖畔の休屋では最高気温が7月下旬並みの25.5度を記録する中、十和田市焼山から子ノ口までの約14キロの遊歩道は、ブナやカツラなどの広葉樹が若葉の鮮やかさを競い、どこか涼しげな雰囲気も感じさせる。行楽客は緑に染まる渓流のせせらぎを聞きながら散策、同市の野沢直子さん(50)は「今の時期しかない緑の鮮やかさが目と心に染みる」と話した。

 同市の奥入瀬渓流館によると、今年は平年より1週間から10日ほど早い4月下旬にブナの若葉が出始め、新緑の見ごろは今月いっぱい続くという。

 青森地方気象台によると、主な各地の最高気温は三戸29.9度、弘前28.1度、平川市碇ケ関27.8度、八戸22.8度、青森19.6度など。

十和田市

青森
「おいしい十和田グルメフェア」スタート
青森
奥入瀬渓流の紅葉 10月27日ごろ見頃
青森
上十三の酒造会社支援 地酒詰め合わせ第3弾
青森
街なかてくてく アートな空間/青森・十和田で青柳さん(東京)個展
青森
八甲田の山中、ツキヨタケ闇夜ほのかに