赤~いりんごを素麺に/五所川原

赤~いりんごの手延べ素麺を手に「一度食べてみて」とPRする辻さん

 青森県五所川原市の企業組合でる・そーれは、果肉まで赤い同市名産の「赤~いりんご」で手延べ素麺(そうめん)を開発し、4月下旬から販売している。関係者は「夏の新しい五所川原ギフトとして広めたい」と話している。

 赤~いりんごを使った加工品はジュースやジャムなどに続く10品目。同組合のスタッフが関西を旅行した際に食べた素麺の味に感激し、製造元の長谷製麺(兵庫県南あわじ市)に赤~いりんごの麺作りを依頼したのがきっかけとなった。

 当初、ジュースを生地に練り込むなどして試作したが失敗した。試行錯誤する中、昨年、むつ小川原産業振興財団の助成で東北町のエビサワ農園に生果を粉末にしてもらい、粉末と果汁を混合させたところ、生地を素麺の形状に仕上げることができたという。

 無香料、無着色の手延べ素麺で、天日干しするため赤みは薄まるが、リンゴのポリフェノールやアントシアニンを豊富に含んでいるのが特徴。五所川原市の津軽五所川原駅前のでる・そーれ店舗や4月29日にグランドオープンした同市金木町の「産直メロス」で取り扱っている。同組合理事の辻悦子さんは「つるんとした喉越しでおいしい。冷やし中華風にしたりと、いろいろアレンジしても楽しい」とPRしている。

 価格は1パック5束(1束50グラム)入り、税込み650円。


五所川原市

青森
特産品集結 8日「ホコ天マルシェ」/五所川原
青森
山谷さんと櫻庭さん、初の2人絵画展
青森
バーやシアター ストーブ列車で夜の憩い
青森
GMUのふるさとナビ2 五所川原・市浦牛
青森
芦野公園駅 花でもてなし14年目/五所川原