昭和レトロなネット喫茶 11月オープン/弘前

宮崎さんの少年時代の部屋に似せたという2階の和室

 子連れ狼(おおかみ)、サンダーバード、沢田研二に少年ジャンプ-。青森県弘前市城東中央2丁目の喫茶店「善(よ)し処(どころ)」の店内には、特撮グッズや歌謡曲のレコード、少年雑誌などがずらりと並ぶ。アナログなものに満ちあふれる一方、家庭用ゲーム機「プレイステーション4」や、Wi-Fi(ワイファイ)通信も完備した「レトロなネット喫茶」を掲げ11月、本格的にオープンした。店主の宮崎安祥(やすよし)さん(59)は「同世代や、若い人にも、ほっこりしてもらえるような場所にしたい」と話している。

 店は2階建て。喫茶スペースの1階では、歌謡曲やフォークソングのレコードを聴くことができる。

 「昭和の秘密基地」と張り紙された扉を開けると、2階につながる階段があり、上ってゆく途中にはプロ野球セ・リーグの選手名鑑が載った昔の少年雑誌や、映画ポスターがずらりと並んでいる。

 宮崎さんの少年時代の部屋に似せたという2階の和室には、特撮グッズやプラモデルが並ぶ。歴史物の漫画や雑誌を読んだり、野球盤などのボードゲームで遊んだりすることもできる。

 もともと東京のIT関連会社で働いていた宮崎さん。2011年、父の実家のある弘前市に帰ってきた。培った技術を生かし、店のホームページや宣伝動画はすべて自作。

 店のコレクションは、宮崎さんが子どもの頃から集めてきたものや、開店に合わせて古本屋でそろえたものなど。

 宮崎さんは「プレミアのものはない。雰囲気を面白いと思ってもらえれば」と話している。

弘前市城東中央2丁目に店を構えている善し処

弘前市

青森
大鰐温泉もやし 弘南鉄道車内で販売開始
青森
弘前公園4月17日開花予想/青森は15日
青森
歴史館が「どうぶつ園」?/弘前・高岡の森 冬の企画展
青森
大雪像の制作スタート 弘前城雪灯籠まつり
青森
剛情張大太鼓 動画で/弘前青年会議所