町役場向かいのいこいの広場で点灯が始まったイルミネーション

 青森県六戸町の官庁街通り「いこいの広場」にイルミネーションが登場し1日夕、点灯式が行われた。発光ダイオード(LED)電球2万6千個が広場全体を照らし、幻想的な雰囲気を生み出している。点灯は毎日午後5~10時、来年2月末まで。

 名称はメイプルタウンイルミネーション。秋まつりや産業まつり、スポーツイベントなどが軒並み中止となる中、希望の明かりにしようと、町教育委員会や社会教育団体などが設置実行委員会(大西勇雄会長)を組織して企画。放課後クラブの児童らが協力し、およそ半月かけて制作した。配置アイデアは吉田翔君(大曲小6年)のデザインを採用。約17メートルのもみの木をシンボルに、植え込みや芝生の起伏を活用し、アクセントとなるアーチや塔も手作りした。

 町内で大掛かりなイルミネーションは初めての試み。大西会長は「電球一つ一つが主役。集える場所となり、町と人を明るく元気にしたい」と期待を寄せた。点灯式に参加した親子連れらは写真に収めながら散策を楽しんでいた。

六戸町

青森
GMUのふるさとナビ2 六戸・地鶏プレシャモ
青森
GMUのふるさとナビ 六戸・地鶏プレシャモ#6
青森
周遊観光楽しんで/青森県が交通情報サイト開設
青森
七戸「二ツ森貝塚館」完成 4月2日オープン
青森
ビオトープ化 活動の証しに/六戸高