外国人向けサイクルマップ/青森の大学生作製

マップを手にするジャン・ションさん(左)と阿部さん

 外国人観光客向けに青森市の魅力を紹介したサイクリングマップを、青森中央学院大学の学生が作製した。約4千部を市内観光施設などで配布している。英語と台湾向けの中国語(繁体字)の2種類で、2017年に製作した日本語版を基に翻訳した。青森港を訪れるクルーズ船の乗客に配布する計画もあり、学生たちは「多くの人に青森市の新しい楽しみ方を提案したい」と話している。

 マップは開くとA2サイズになり、自転車を借りられる場所や飲食店、買い物ができる場所などを記載。市中心部のほか「海と縄文」「食と文学」「りんご」のテーマで、観光名所を巡ることができる3ルートや、交通ルールなども掲載した。

 増加する外国人客向けに気軽に使えるマップを作りたいと、同大自転車サークルが留学生3人に翻訳を依頼した。サークル長の阿部航平さん(同大4年)は「三内丸山遺跡周辺は道路が広く、自転車で走りやすい観光ルート。マップを入り口に青森の魅力を知ってもらいたい」と話す。

 マレーシア出身のクリントン・ウィー・ジャン・ションさん(同大大学院2年)は「観光案内所でボランティアをしているが、マップの翻訳を通じて新たな発見があった。豊かな自然の中、走りやすい道路をサイクリングできるのは魅力的」と語った。日本語版も入手可能。問い合わせは同大学(電話017-728-0121)へ。

青森市

青森
世界遺産、夏祭り…北東北で多彩な観光企画
青森
伐木技術 日本一を競う/青森で21、22日大会
青森
こいのぼり強風で右へ左へ/青森・八甲田丸
青森
大型連休折り返し、青森県内の客足は復調傾向
青森
移動制限ないGW、県内にぎわい徐々に