八戸市博物館、23日まで新収蔵資料展

市民らが寄贈した資料を展示している新収蔵資料展

 八戸市博物館は、2020年度に市民や八戸にゆかりのある人から寄贈された考古学や歴史、民俗分野の資料345点を展示する企画展「新収蔵資料展」を開いている。23日まで。

 展示されているのは、寄贈者の家族らが生前に大切に保管していたものや、家に残されていたものなど。大正期の八戸を代表する書道家女鹿左織(めがさおり)の書や、昭和中期のえんぶりで使われた烏帽子(えぼし)、手拭いなどがある。

 このうち、市民が市に寄贈し、県重宝に指定されている「湊文書」は、室町時代から安土桃山時代に書かれたものとされている。同時代の東北地方の書状は極めて少なく、中世史を解明する上で貴重な資料となっている。

 同館学芸員の山野友海さんは「今まで知られていなかった資料もある。地域の歴史をもっと知りたい人にぜひ来てほしい」と話した。

八戸市

青森
八戸らーめん復刻20年 ポイントラリーで再発信
青森
JR陸奥湊駅に「駅ナカ酒場」オープン/八戸市
青森
八戸の風景を独自手法で、市美術館で写真展
青森
新観光列車「ひなび」23年度冬デビュー
青森
八戸駅内に12月観光案内所開設/市、駅ビルから移転