ステンドねぶた 旅館に彩り/浅虫・辰巳館、地元の守り神表現

辰巳館の廊下の窓に飾られたステンドねぶた

 青森市浅虫の旅館「辰巳館」の窓に、ねぶた制作の技法を使って作られたアート作品「ステンドねぶた カタクリ咲く湯ノ島と龍神さま」が登場し、訪れる人の目を引いている。和紙にステンドグラスのような色彩で描かれ、太陽の光が差し込むと鮮やかな色合いが楽しめる。

 ステンドねぶたは、ねぶた師の竹浪比呂央さんが監修を務め、ねぶた師の手塚茂樹さんが制作した縦約145センチ、横約255センチの新たなアート作品。3月上旬、同館廊下の山側の窓に設置された。県の「空間・仕掛け演出モデル創出」事業の一環。

 題材となったのは、浅虫の八大龍神宮にまつられ、地元の守り神として信仰を集める「龍神様」。地元でなじみのある湯ノ島やカタクリの花も表現した。

 午後5~9時は館内からライトアップも実施し、建物の外側からでも作品を楽しむことができる。同館では宿泊客だけでなく、見学目的での来館も歓迎しているという。

 おかみの戸嶋マサさん(72)は「新型コロナの影響で客足回復が見通せない中、ステンドねぶたが浅虫全体ににぎわいをもたらしてほしい」と話した。

青森市

青森
津軽のブランド力アピール/仙台でフェア
青森
夜の遺跡、幻想的に/三内丸山で縄文冬祭り
青森
あおもり雪灯りまつり 東北の絆をPR
青森
三沢-青森「雪見列車」2月4日から復活
青森
画家・櫻庭さん 画業人生や表現世界語る