釜臥山スキー場第1リフト頂上付近から望むむつ市街地=13日午前10時34分

 青森県むつ市は13、14日の2日間、釜臥山スキー場で「かまふせスノーフェス」を開いた。第1リフト更新に伴い、現リフトが今シーズンで役目を終える記念のイベント。眼下に望む下北半島や陸奥湾に向かって、スキーヤー、スノーボーダーたちが風を切る。プロと子どもたちの共演も、ゲレンデを飾った。プロスキーヤーの渡部三郎さんは「緩斜面も急斜面もあり、とてもいい練習ができるゲレンデ。子どもたちは楽しみながら、スキーが上手になってほしい」と話した。

第1リフト乗り場に列を作るスキーヤーら。奥には八甲田が浮かぶ=13日午前

デモンストレーションで滑降するプロスキーヤーの佐藤麻子さん=13日午前

フィナーレで、小旗を振り斜面を降りる子どもたち=14日午後

グランピングのテントやかまくらが設けられた休憩スペース=13日午前

むつ市

青森
「下北の縄文」再発見フェア
青森
縄文カード100種類作製/県埋文センター
青森
夜景の見える確率は? むつ市に「予報士」誕生
青森
下北の海の幸「浜焼き」で むつ・名産センター
青森
3年ぶり、街に山車と囃子/田名部まつり開幕