輝く山々 霜に映え/青森・田代高原

霜が降りて白くなった田代高原と朝日で赤く輝く北八甲田の山々=21日午前6時15分ごろ、青森市

 21日朝の青森県内は放射冷却現象により各地で冷え込んだ。青森市の田代高原(標高約600メートル)では霜が見られ、一面の白と朝日で赤く染まる山々が晩秋を感じさせた。

 田代高原付近は紅葉の見ごろが終盤。この日は牧草地一体が白い霜で覆われ、日の出直後には雛岳など周囲の山々が朝日に照らされた。付近には朝の風景を収めようと、カメラマンらが訪れていた。

 青森地方気象台によると同日の各地の最低気温は、三戸1.4度、五所川原市市浦3.6度などが今季最低を記録。ほかは青森市酸ケ湯0.7度、八戸5.8度、青森5.9度、弘前6.2度など。

 23日は霜降。同気象台によると、22、23日の各地の予想最低気温は約9~14度と、平地での霜はなさそうだ。

青森市

青森
世界遺産、夏祭り…北東北で多彩な観光企画
青森
伐木技術 日本一を競う/青森で21、22日大会
青森
こいのぼり強風で右へ左へ/青森・八甲田丸
青森
大型連休折り返し、青森県内の客足は復調傾向
青森
移動制限ないGW、県内にぎわい徐々に