ねぶた師・北村春一さん 初の一人展/さくら野青森

デビュー10年目を迎え、初の一人展を開いた北村さん

 デビュー10年目を迎えた青森市のねぶた師・北村春一さん(39)の初の一人展「挑戦と軌跡」が21日、青森市のさくら野青森本店で始まった。青森ねぶた祭が中止となったことを受け、前倒しで企画展の開催を決定。3年連続で優秀制作者賞に輝いた実力派ねぶた師は「少しでもねぶたの熱気を感じてほしい」と話している。26日まで。

 会場には、北村さんが描いた原画12点、弟子の板垣大地さん(38)の原画3点などを展示。2011年度に初陣を飾った「正義の神 阿修羅の怒り」から19年度「瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)と木花咲耶姫(このはなさくやひめ)」まで9作品の変遷などをたどることができる。

 このほか、新型コロナウイルス撲滅の願いを込め、東京都で展示した「鍾馗(しょうき)」の面、18年度に知事賞を獲得した大型ねぶたに使用した「穆王(ぼくおう)」の面が来場者の目を引いた。

 時間は午前10時~午後6時半(最終日は午後4時)まで。

青森市

青森
透明感あふれる美、「金魚美抄」28日開幕
青森
幅11メートルステンドグラス青森空港設置へ
青森
青森市民による版画展始まる。29日まで
青森
エゾハリイカ繁殖個体を展示 浅虫水族館
青森
浪岡中野球部がリンゴ収穫、23日販売/青森