土用の丑の日にちなんで販売しているウナギのチョコパン(左)と蒲焼き風デニッシュ

 青森県鯵ケ沢町のパン工房「ブーランジェリー・タツヤ」は、21日の土用の丑(うし)の日に合わせたウナギにちなんだ商品を町内外3店舗で販売している。パンをチョコレートでコーティングし、ウナギをユーモラスに表現。新型コロナウイルスで世間に閉塞(へいそく)感が漂う中、同工房は遊び心で地域を盛り上げたい-と話している。

 同工房はチョコレートパンと、ウナギのかば焼きをイメージしたデニッシュを7月中旬から販売。「二の丑」の8月2日に合わせ、7月下旬からも店頭に並べる予定。清野悟店主(56)は「子どもはウナギ料理にあまりなじみがないかもしれないが、老若男女に面白がってほしい」と期待する。

 チョコレートパンは140円(税込み)、デニッシュは150円(同)。鯵ケ沢町のパル店や、五所川原市のエルム店、青森店(青森市緑)で取り扱っている。



鯵ケ沢町

青森
縄文をPRする水とスプレー開発
青森
津軽氏の居城一堂に/鯵ケ沢で18日まで展示
青森
大雨被害からの復興願うイルミ点灯、鯵ケ沢
青森
GMUのふるさとナビ2 鯵ケ沢・深谷の栗スイーツ2022
青森
鯵ケ沢・大雨被災の居酒屋再開、絆の復活祭