五所川原の朝市待望のスタート コロナで1カ月遅れ

約1カ月遅れのスタートとなった五所川原朝市=25日

 青森県五所川原市中心部の立佞武多(たちねぷた)の館駐車場で25日早朝、毎年恒例の五所川原朝市が始まった。例年は5月1日から始まるが、今年は新型コロナウイルスの影響で約1カ月遅れでのスタート。待ちわびた市民たちが集まり、新鮮な農産物を買い求めていた。

 初日は同市近隣の農家ら8店が出店。チンゲンサイや小松菜、大根菜などの葉物やミズ、タケノコといった山菜類、各種野菜の苗、リンゴやジュースなどが店先に並んだ。自転車で訪れた男性(83)は「毎年来ているので待ちかねた。おいしい食べ物はあるし、早起きして来るので健康にもいい。再開してくれてよかった」と笑顔。集まった市民は店主や他の来店者と会話を楽しみながら、商品を品定めしていた。

 朝市の会の増田敏夫会長は「スタートが遅れた分、野菜の生育が進んで食べごろになっているので、足を運んでほしい。出展者も歓迎している」と呼び掛けていた。

 朝市は1980年に始まった。10月末まで、悪天候の日を除いて毎日午前5時~6時半に開いている。

五所川原市

青森
津鉄沿線、10日から古布キルト多彩に展示
青森
誰もがくつろげる場に/元津鉄アテンダントがカフェ開業
青森
津鉄で「全線開業90周年+1」車両出発式
青森
芦野公園「桜のトンネル」も満開/五所川原
青森
津軽鉄道が「種村直樹文庫」開設準備