古木シダレ 風格堂々/大星神社桜見ごろ

見ごろを迎えたシダレザクラの古木=29日午後、青森市の大星神社

 青森市問屋町の大星神社で29日、シダレザクラが見ごろを迎えている。大小10本のうちシンボルともいえる古木は高さ14メートル、幹回り4.12メートル。樹齢350年以上といわれ、堂々とした風格を境内に漂わせている。

 神社は江戸時代から桜の名所として知られ、地名から「妙見の桜」として親しまれてきた。約60本のソメイヨシノも満開という。

 自慢のシダレザクラだが、30年ほど前、幹に穴が開き、土壌改良や手当てを施した結果、樹勢が回復。古木の貫禄を取り戻した。

 例年であれば開花に合わせライトアップが行われるものの、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、見合わせた。

 大星神社責任役員で敬神会会長の工藤勇一さんは「来年はまた夜空に浮かび上がるシダレザクラの雄姿を見てほしい」とウイルスの終息を願っていた。

青森市

青森
宇一のチョウ×標本 華麗な共演/青森県立郷土館
青森
世相映し 笑い誘う370体/青森で「かかしロード」
青森
木道改修 緑の中くっきり/青森・田代平湿原
青森
シンボルかかし 今年は柴崎岳さん/青森
青森
ジャンル多彩な古書 東奥日報新町ビルでフェア