北限のツバキ 例年より早い見ごろ/夏泊

淡い赤色の花が見ごろを迎えているヤブツバキ=9日午後、平内町

 青森県平内町夏泊半島の椿山で「北限のツバキ」として知られるヤブツバキが、例年より早い見ごろを迎え、かれんな淡い赤色の花々が海辺を彩っている。

 町水産商工観光課によると、ヤブツバキは椿山の海岸沿いの傾斜地を中心に約1万本自生しており、日当たりの良い場所から順次開花する。今年は暖気の影響で、例年より約1カ月早い3月上旬ごろから咲き始めたが、今後も次々と咲くため5月までは花を楽しめるという。

 青空が広がった9日、椿山周辺にはやや冷たい海風が吹いていたが、散歩していた同町の主婦(56)は「近所に住んでいるけど、ツバキを見て歩くのは久しぶりでとてもきれい。行楽客にも観賞してほしい花ですね」と話した。
 

平内町

青森
周遊観光楽しんで/青森県が交通情報サイト開設
青森
「降り注ぐ」洋ラン/夜越山公園まつり始まる
青森
【ぐるぐるグルメ】産地ならでは活ホタテ/平内
青森
幸福呼ぶ花 一堂に/平内・夜越山公園で展示
青森
冬の使者、ハクチョウ飛来/平内・浅所海岸