立冬の朝、冬の使者羽休め/平内

夜明けを迎え、餌を求めて飛び立つハクチョウ=8日午前6時38分、平内町

 冬の始まりとされる「立冬」の8日、津軽では雨や曇りとなる肌寒い朝を迎えた。青森県平内町の浅所海岸周辺では早朝、シベリアからの長旅を終えた「冬の使者」ハクチョウがのんびりと羽を休めていた。

 青森地方気象台によると、各地の朝の最低気温は前日から0.4~6.9度低い1.0度~8.6度。多くの地点で10月中旬~下旬並みながら、冬近しを感じさせる気温となった。

 この日の浅所海岸周辺には、汐立川河口などに数羽のハクチョウが滞在。日の出の時刻を迎え東の空が明るくなると、幼鳥を含む群れが身繕いを始め、午前6時半過ぎには餌場へ向かうため一斉に飛び立った。

 付近をよく散歩するという同町の細川正吉さん(74)は「今年は寒くなるのが遅いせいかハクチョウがまだ少ない。いつも通りにたくさん来てくれれば安心するんだけれど」と話した。

平内町

青森
イルミとともに「冬の花展」 夜越山森林公園
青森
縄文カード第2弾、青森県の出土品網羅
青森
GMUのふるさとナビ3 平内・新ホタテ料理
青森
「ホタテ一番」新メニュー ブイヤベースなど5品 22日提供スタート/平内
青森
2千鉢の洋ラン展示/平内・夜越山森林公園