温泉もやし今年も列車内で販売 弘南鉄道大鰐線

弘南鉄道大鰐線の列車内で大鰐温泉もやしを販売する組合の相馬副理事長(右)ら

 青森県大鰐町の「プロジェクトおおわに事業協同組合」は6日、弘南鉄道大鰐線(中央弘前-大鰐)の列車内で同町の名物野菜「大鰐温泉もやし」の販売を始めた。3月31日までの毎週月、火曜日に大鰐午前10時半発、折り返しの中央弘前同11時半発の普通列車で、同組合従業員が30~50束を手売りする。

 もやしの車内販売は昨年に続き2年目。弘南鉄道協力のもと、もやしのPRと減少傾向にある大鰐線の利用者増加が目的だ。

 初日は従業員4人が、オリジナルのもやし形帽子、法被姿で「大鰐温泉もやしいかがですか」と乗客に呼び掛けた。1束買った会社役員大谷豪さん(43)=東京都=は「北海道旅行の帰りに観光に訪れた。大鰐のもやしは食べたことがないので、家で食べてみたい」と話した。

 同組合の相馬康穫(やすのり)副理事長は「昨年は大変好評だったので、今回も多くの人に食べてほしい。炒め物以外にも豚肉や牛肉としゃぶしゃぶで食べるのもおすすめ」と呼び掛けた。

 列車で販売するもやしは鮮度保持袋付きで1束税込み350円。

大鰐町

青森
まつりなくても…茶臼山公園ツツジ見ごろ
青森
列車でたどる 古津軽物語/中央弘前-大鰐
青森
「古津軽」7市町村の旅、ホームページ開設
青森
青森県の農林水産業の魅力を音で発信
青森
ソバモヤシが血糖値抑制/弘大・山内助教特許出願