開業90周年へ 津軽五所川原駅で餅つき

力を合わせて餅をつく子どもたち

 青森県五所川原市の津軽鉄道・津軽五所川原駅前で28日、恒例の餅つき大会が行われた。同鉄道開業90年の来年がさらに良い年になるようにと願いを込めながら、関係者らがきねを振るった。

 NPO法人津軽半島観光アテンダント推進協議会や津鉄、コミュニティーカフェでる・そーれのスタッフらが参加し、津鉄の「お正月列車」(31日~1月11日運行)に飾る鏡餅などを作った。準備したもち米は10キロ。集まった鉄道ファン、子どもたちもきねを振るい、つきたての餅はお汁粉などにして振る舞われた。

 金木小学校1年の山中紗弥さん(6)は「お餅をついた時は少し怖かった。きな粉餅がおいしかった」、小山内瑠香(るいか)さん(7)は「きねは重かったけど、楽しくできた」と話した。

五所川原市

青森
立佞武多「かぐや」と花火が競演/五所川原
青森
特製「アマビエムッシー」制作進む/五所川原
青森
秋の風物詩 津鉄「鈴虫列車」が運行開始
青森
夏の新作、仕上がり上々 津軽金山焼で窯出し
青森
五所川原初の農家レストラン開店