ピッツァ 五感で楽しんで/ル・グレ(黒石)

木のぬくもりあふれる店のカウンターに立つ田澤さん

 青森県黒石市東部、国道394号沿いの山あいにあるログハウスのカフェ。薄めでパリっと食感の生地を使ったピッツァが人気だ。中野もみじ山の近くとあって、特に紅葉シーズンは国内外の客でにぎわう。

 店主の田澤諭さん(59)と妻・純子さん(58)が切り盛りする。弘前市でフランス料理店を営んでいたが、岐阜県出身で「山と川が好き」という純子さんの希望もあり、2000年に現在地へ移転。店名はそのままにカフェとしてオープンし、弘前時代を含め今年で30周年を迎えた。

 15日からは期間限定で県産リンゴの「ふじ」やブルーチーズ、クルミなどを使った「青と森のりんごピッツァ」が登場する。自家製ジンジャーエールとの相性もバッチリだ。

 純子さんによると、「ル・グレ」はフランス語で「好み・感謝」の意。「自然に囲まれた店で五感で楽しんでほしい。お客さんの好みに合えばうれしい」。木のぬくもりあふれる店で客を出迎える。

 【住所】青森県黒石市南中野井戸澤39-1
 【電話】0172-54-8128
 【営業時間】午前10時~午後4時
 【定休日】火曜日

15日から期間限定で提供する「青と森のりんごピッツァ」。自家製ジンジャーエールとの相性もいい

黒石市

青森
「ルビンのこけし」黒石で里帰り展示
青森
黒石「マッコ市」3年ぶり復活、5日
青森
黒石で28日にイベント「酒場放浪記」
青森
黒石・こけし館で初挽き、女性工人が初担当
青森
イルミ、サンタ絵 闇に映え/黒石・松の湯交流館初めて企画