特産のホヤ題材、むつの女性が絵本出版

絵本「ホヤくん救出大作戦」を手にする中西さん

 青森県むつ市の中西順子さん(60)が絵本「ホヤくん救出大作戦」を出版した。同作は下北半島をモチーフにした「天辺(てっぺん)半島」を舞台に、青森県特産のホヤのほか、サトイモ、シュンギクが登場する。中西さんは同作の文を担当。「子どもたちへの読み聞かせなどに活用してもらいたい」と話している。

 同作は、畑に落とされたホヤの王子「ホヤくん」をサトイモの「八(はっ)ちゃん」「シュンギクさん」「すっとんトンビのお兄ちゃん」たちが助け、海に返す物語。中西さんは2016年、同作を文芸社(東京)の「えほん大賞コンテスト」ストーリー部門に応募。残念ながら落選となったが、同社から自費出版の提案を受け、18年6月に出版した。

 21日、むつ市役所に宮下宗一郎市長を訪ね、絵本を寄贈した。中西さんはホヤや下北を題材に取り上げたことについて「ホヤってこんなにかわいい形をしているんだと気付いた。この年齢になって何げない風景や身近なものにちょっとした感動を覚えるようになった」と話した。宮下市長は「早速娘に読み聞かせたい」と語った。

 同作は市図書館や市内の各公民館で読むことができる。また、中西さんは24日、市中央公民館で同作出版の経緯などについて講演する。

むつ市

青森
21日発売、むつ「青森ヌーヴォー」瓶詰め
青森
鮮魚ずらりハマに活気 初の朝市/むつ・大畑漁港
青森
むつ市・大畑の薬研渓流で紅葉見ごろ
青森
むつ大畑漁港で初の朝市開催へ/実行委が準備
青森
安全、大漁 海に願い/大畑まつり「札納め」