カボチャを使ったスムージー!? 十和田中生が開発

地元産のカボチャを使ったスムージーを開発した十和田中3年の西堰さん(左)と松田さん

 青森県十和田市の十和田中学校3年の松田悠希さん(15)と西堰鵬永(ほうよう)さん(14)が、同市伝法寺の国道4号沿いにある道の駅「とわだぴあ」で8月29、30日に行った職場体験の一環で、地元産のカボチャを使ったスムージーを開発した。ハロウィーンに合わせ、10月下旬にも道の駅内の「カフェグリン」で発売予定。

 カフェでは、とわだぴあで職場体験を行った十和田工業高校生が開発した、地元産の桃を使ったスムージーを8月24日から販売中。今回は第2弾となる。

 カフェ店主の沼田康さん(45)は、松田さんと西堰さんにメインの素材としてカボチャを提示。2人は接客やレジ体験などの合間に、道の駅で販売している商品の中から素材を選び、試作を重ね、カボチャに牛乳とりんごゼリー、蜂蜜を加えることで、すっきりと仕上がった。

 十和田中OBでもある沼田さんは「自分は豆乳と合わせることを考えていたが、後輩たちがいろいろ考え、牛乳を使っておいしくできた。商品開発は大変だが、若い発想でいいものができた」と太鼓判を押した。

 2人はスムージーを「ハッピーカボリン」と名付けた。ハロウィーンの掛け声「ハッピー・ハロウィーン」、カボチャ、リンゴを掛けたという。「リンゴと蜂蜜で、すっきりした甘さになりました。カボチャが苦手な人もどうぞ」と声を合わせてPRした。

十和田市

青森
十和田現美、開館以来初の展示入れ替えへ
青森
4年目の奥入瀬渓流氷瀑ツアー コロナ予防工夫
青森
青い光に浮かぶ幻想的な屋外アート/十和田
青森
多彩な光 十和田湖畔に魅力/「冬物語」開幕
青森
「紅サーモン御膳」14日デビュー/道の駅とわだ