田子町中心部に農産物直売所/「友の会」

新鮮な野菜や総菜などが並ぶ「Takko Farmer’s Market」

 青森県田子町農家の有志による団体「たっこ産直友の会」(市村文子(あやこ)会長)は26日、町中心部に新たな農産物直売所「Takko Farmer’s Market(タッコ・ファーマーズ・マーケット)」をオープンさせた。新鮮な農産物を安く提供できる地産地消の拠点として、関係者は大きな期待を寄せている。

 昨年3月、町は「道の駅」建設に向けた基本構想を策定し、現在は候補地の選定などを進めている。今回の直売所は道の駅の本格稼働を見据えた実証実験という意味合いが強く、総工費約620万円は全て町が負担した。建物は鉄骨平屋建てで総面積約65平方メートル。ガーリックセンター駐車場の一部を利用して建てられた。町内では4カ所目の直売所となる。

 オープン初日を迎えたこの日、市村会長は「皆に愛される直売所を目指す」、山本晴美町長は「道の駅構想実現へ向けた実証実験も兼ねている事業。いろいろな人に満足を提供できる場にしたい」とそれぞれあいさつ。関係者一同でテープカットを行い、新しい直売所の門出を祝った。店内には野菜以外にものり巻きや田子牛を使った焼きそばなども並び、開店から大勢の買い物客でにぎわった。

 営業時間は午前9時から午後6時まで。当面火、水曜の週2日を定休日とする。開店記念として28日まで、野菜の詰め放題などが企画されている。

田子町

青森
青森県南の料理、スイーツがアスパムに集結
青森
町名産の牛肉味わう 田子「にんにくとべごまつり」開幕