野辺地町のシンボル・烏帽子岳から陸奥湾望む

烏帽子岳の山頂に立ち、陸奥湾や野辺地の街を望む大パノラマを楽しむ参加者

 青森県野辺地町のシンボルである烏帽子(えぼし)岳の山開きが、9日行われた。町内外から参加した約70人が標高約720メートルの山頂まで登り、陸奥湾や同町中心街を望む大パノラマを楽しんだ。

 町観光協会の主催で、参加者は同日午前10時前に麓を出発。休憩を挟みつつ、約1時間半かけて登山道を歩いた。

 この日は薄曇りだったが、山頂からは陸奥湾のほか小川原湖や八甲田も見渡すことができた。参加者は気持ち良さそうに汗を拭きながら、写真に収めるなどしていた。関係者は山頂近くの烏帽子神社で今季の安全を祈願した。

 ベトナムから1年前に来たという東北町在住のズオン・ティ・ゴック・タインさん(27)は「毎日会社から見える山なので、登ろうと思った。ちょっと疲れたけど、きれい」と笑顔で語った。

野辺地町

青森
野辺地で16日、ウインドサーフィン体験会
青森
のへじ祇園まつり、野辺地西高参加20年
青森
時代絵巻きらびやか のへじ祇園まつり夜間運行
青森
大漁願い大しめ縄奉納 のへじ祇園まつり
青森
野辺地の名物駅弁「とりめし」販売終了へ