ハネト躍動、熱気最高潮/青森ねぶた


 青森ねぶた祭は6日、夜間合同運行の最終日を迎えた。全23台の大型ねぶたが出陣、ハネトが長い列をなし、暑気を吹き飛ばさんばかりに声を張り上げた。弘前ねぷたまつりも会期最後の夜間合同運行、五所川原立佞武多(たちねぷた)は3日目を迎え、それぞれが熱気に満ちた祭りを謳歌(おうか)した。

 午後6時50分の号砲を合図に青森ねぶた祭がスタート。前日の審査で最高賞のねぶた大賞、最優秀制作者賞に輝いた青森菱友会「牛頭天王(ごずてんのう)」(竹浪比呂央さん作)をはじめ、各賞を受賞した団体のねぶたは、栄えある額を掲げて堂々の出陣。はやし方の奏でる音に合わせ、ハネトたちが盛夏の夜を惜しみながら「ラッセラー」と飛び跳ねた。

 青森市の親族を含む7人で沿道から見た東京都の医師・宗友あゆみさん(34)は「祭り全部がすごい。元気をもらった。楽しい時間を過ごせた」と満足げな笑顔を見せた。

 一方、主催する実行委員会によると、前日5日の人出は、昨年の同じ日と同数の25万人だった。

 7日は午後1時から大型ねぶた18台が運行。午後6時55分から大型ねぶた4台の海上運行と青森花火大会が青森港と青い海公園で開かれ、4年ぶりの通常開催となった祭りを終える。

 弘前ねぷたまつりは、弘前市土手町からJR弘前駅に続く駅前コースで35台のねぷたが運行した。観衆24万人(まつり本部発表)が闇夜に浮かぶ扇ねぷたを見て楽しんだ。

 五所川原立佞武多は、大型立佞武多3台を含む計12台が出陣した。観衆約4万5千人(主催者発表)が沿道を埋め、軽快なはやしと「ヤッテマレ」のかけ声に合わせて盛り上がった。

ねぶた大賞の「牛頭天王(ごずてんのう)」(青森菱友会)など大型ねぶた23台が出陣し、熱気が最高潮を迎えた青森ねぶた祭=6日午後8時45分

青森市

青森
ワ・ラッセ(青森)入場者300万人達成
青森
海峡介した交流・交易紹介/三内丸山で特別展
青森
GOKANのアート楽しんで/フェス実行委が子ども向け鑑賞ガイド
青森
缶詰に見る青森県の歴史 近代文学館でサテライト展/県立郷土館
青森
武者に魂吹き込む/青森・大型ねぶた制作佳境