百石高生レストラン4年目の営業開始

来店客に料理を運ぶ接客係の生徒たち(奥)

 百石高校(中村豊校長)の食物調理科家庭クラブが運営する高校生レストラン「キッチンいちょうの森」は25日、青森県おいらせ町の同校生徒会館で4年目の営業を始めた。和食膳「結御膳(ゆいごぜん)」(税込み千円)60食を完売し、上々のスタートを切った。

 この日の御膳は旬のタケノコなどを使った春版で、「筍(たけのこ)ご飯」、マグロ節の濃厚なだしが香る「若竹汁」、生徒こだわりの「スフレチーズケーキ」など9品。定番の「だし巻き卵」は「昨年よりふっくらとやわらかく、おいしくなった」(藤田龍真部長)という一品。

 店内は午前11時半の開店直後から盛況。接客係の1年生が「いらっしゃいませ」と元気よく迎え、厨房(ちゅうぼう)では2、3年生が手際良く調理した。同校食物調理科の卒業生という八戸市の会社員女性(40)は、後輩を応援したくて初来店。「私たちの在籍中もこんな取り組みがあったら良かったのに。今の生徒たちがうらやましい」と語り、料理の味にも満足していた。

 緊張のデビューを終えた越後充生さん(1年)は「料理を運んだとき、お客さんの笑顔が間近で見えてうれしかった」と話していた。次回営業は6月16日、同校生徒会館で。

おいらせ町

青森
「黒ごぼう茶」生協の復興ブランドで東北進出
青森
「おいらせ鮭まつり」が開幕
青森
青森県南の料理、スイーツがアスパムに集結
青森
【連載うまい森・味めぐり】地元米で仕込む「穂ノ泉」/おいらせ
青森
生き人形りりしく出陣/下田まつり「お通り」