日本一の桜、最速ペース 開花は12日、17日満開/弘前市予想

ぷっくりと膨らんできたソメイヨシノの花芽を確かめる桜守

 青森県弘前市は24日、弘前公園内のソメイヨシノの今季2回目の開花予想を発表した。4月12日開花、17日満開と見込み、1週間前の予想からそれぞれ2日早めた。平年比ではそれぞれ10日早い。予想通りなら1947(昭和22)年の調査開始以来、最も早い開花となる。

 この1週間、予想よりも気温が高かったことや、花芽の育ち具合から判断した。外堀は4月11日開花・16日満開、西堀の桜のトンネルは13日開花・18日満開と予想。花びらが堀を埋める花筏(はないかだ)は、21~23日に見ごろとなる見通し。

 北の郭(くるわ)で標準木の様子を確かめた桜守の海老名雄次・市公園緑地課総括主査は「花芽がだいぶ緑色になって、ぷっくりと膨らんできた。今までにない速さで進んでいるが、いつでも対応できるよう、さくらまつりの準備や冬の片付けを進めていく」と話した。

 これまでに最も早く開花したのは、90年の4月13日。満開が一番早かったのは、2002年の4月17日だった。早咲きに応じて弘前さくらまつりの期間を前倒しする準まつり体制については、今後主催4団体で協議する。

弘前市

青森
桜、笑顔「満開」/青森県内
青森
桜、能 みやびに/弘前公園ソメイヨシノ満開
青森
園内の桜満開近づく/弘前公園
青森
雨にきらめく「桜色」/弘前公園・西堀と外堀満開
青森
外堀南側でソメイヨシノ満開/弘前公園