東北絆まつり 6月17、18日青森で

東北絆まつりの成功を誓う実行委のメンバー=17日、青森市

 東北絆まつり実行委員会(会長・小野寺晃彦青森市長)は17日、東北6県の祭りを一堂に集めた「東北絆まつり2023青森」を6月17、18日に青森市内で開催すると発表した。新型コロナウイルス禍で中止になっていた公道でのパレードを4年ぶりに行い、2日間で27万人の来場を見込む。

 同市のねぶたの家ワ・ラッセで記者会見した小野寺市長は「新型コロナの分類変更があるということで、通常開催の形で復活できるという意味では、大きな節目になると思う」と語った。実行委員長の倉橋純造青森商工会議所会頭は「東北の絆が守られ、震災復興していることを東北モデルとして世界に発信したい」とPRした。

 パレードは、青い森公園前から橋本交差点(片道1キロ)までを約2時間かけて往復する。新作1台を含む大型ねぶた3台が登場する青森ねぶた祭、秋田竿燈(かんとう)まつり、盛岡さんさ踊りなど6市の祭りが会場を盛り上げる。5千席程度の有料観覧席を設ける予定。

 メイン会場の青い海公園で開催式を行うほか、八甲田丸周辺で県内市町村をPRするブース、ワ・ラッセで青森県ゆかりのアーティストによる演奏などのイベントを予定。航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」の飛行に向けて調整中という。

 東北絆まつりは、東北6県を一巡した東北六魂祭の後継企画として2017年に仙台市で初開催され、今回で一巡する。次回以降は6月の総会で協議する。

青森市

青森
大型ねぶた台上げ 高まる祭りムード/青森市
青森
世界遺産ウィーク開幕 青森の三内丸山遺跡
青森
沿道 ねぶたムードに/青森・桟敷席作り始まる
青森
「GOKANフェス」入場者15万人突破
青森
ワ・ラッセ(青森)入場者300万人達成