混浴文化守ろう 実験「湯あみ着の日」/酸ケ湯

着たまま混浴を楽しめる「湯あみ着の日」

 混浴文化を守り、利用促進を図るため、環境省十和田八幡平国立公園管理事務所は20日、青森市の酸ケ湯温泉で、着たまま混浴に入浴する実証実験「湯あみ着の日」を行った。取り組みは昨年に続き2年目。21日と2月26、27日の午前10時~午後3時にも実施する。

 実験は、同省が北東北3県にまたがる湯治・混浴文化を継承し、誰でも利用しやすい混浴の実現を目指す「10年後の混浴プロジェクト」の一環。湯あみ着は無料レンタルで、男性がハーフパンツ、女性がノースリーブの上着とハーフパンツを着用する。訪れた約80人がヒバ千人風呂を楽しんだ。

 千葉県からツアーで訪れた80代女性は「混浴を利用するのは初めて。湯あみ着があるので抵抗なく入浴できた」と話した。同事務所の鈴木愛国立公園管理官は「減少傾向にある混浴ができる施設を残していくため、マナーの啓発やそれぞれの施設の課題に合った提案をしていく」と語った。

青森市

青森
三沢-青森「雪見列車」2月4日から復活
青森
画家・櫻庭さん 画業人生や表現世界語る
青森
東通村の味覚を一堂に/22日まで青森で物産展
青森
大韓航空青森-ソウル線2年10カ月ぶり再開
青森
「防災とボランティア」テーマに青森県がパネル展