田子産ホップ100%ビール 香り爽快、限定発売/十和田・奥入瀬ブルワリー

限定発売された奥入瀬ビール「AOMORI HOP100%」を手にする鈴木醸造長=13日、十和田市の奥入瀬ブルワリー直営レストラン

 青森県十和田市の道の駅・奥入瀬ろまんパークで奥入瀬ブルワリーを営む「A-WORLD」(本社十和田市、古里宣光代表)は新たに田子町産ホップ100%の冬季限定ビールを仕込み、13日に発売した。製造量は2千リットル(330ミリリットル瓶約6千本分)で、担当者は「爽快な香りに仕上がった」とアピールする。

 ホップはビールの苦みや香り付けに欠かせない原料。県産品を利用した商品開発に取り組んでいる同社は昨年9月、同町のホップ生産者・田沼義行さんの畑を視察。今回は田沼さんの販売契約先であるサッポロビールから、田沼さんが栽培した香りの立つ品種「リトルスター」を提供してもらった。

 発売した奥入瀬ビール「AOMORI HOP100%」は、イギリス発祥のペールエールというタイプ。同ブルワリーの鈴木洋醸造長(49)は「モルト(麦芽)のコクがふくよかに感じられ、爽快な香りで飲み飽きしない」と仕上がりに自信を示す。

 価格は330ミリリットル瓶550円(税込み)。アルコール度数5%。同パーク内のブルワリー直営レストランと観光物産館、県内主要土産店などのほかオンラインサイト(楽天、プラス郷土)でも購入できる。レストランでも提供する。

 問い合わせは同社(電話0176-51-3151)へ。

十和田市

青森
奥入瀬渓流「氷瀑ツアー」児童が体験/十和田
青森
湖畔に光の大輪輝く/「十和田湖冬物語」開幕
青森
アート広場にイルミ、光の海に和む/十和田
青森
壁一面、光るアート 十和田・とわふるに完成
青森
地元産ネギがポテチに 十和田西高と道の駅が開発