外国人に圏域情報紹介 観光・物産サイト開設

VISITはちのへが新設した「観光・物産情報サイト」

 4月に発足した八戸圏域DMO「VISITはちのへ」(塚原隆市理事長)が一般向けホームページ「観光・物産情報サイト」を新設した。欧米を中心とした外国人が興味を持ちやすい内容やデザインを採用し、八戸圏域を訪れるインバウンド(訪日外国人旅行)の増加につなげたい考え。

 サイトは、同DMO設立に向けて統合した八戸地域地場産業振興センター、八戸市物産協会、八戸観光コンベンション協会、八戸広域観光推進協議会、八戸市(観光課のソフト事業)の5団体のホームページを一本化する形で新設した。現在は観光関係の情報のみを公開しており、物産関係は6月以降に公開する予定。また、7月以降には英語版サイトも開設するという。

 同DMOのホームページは、運営開始の4月に開設した事業者向けの「コーポレートサイト」と、今回の「観光・物産情報サイト」の二つで構成。前身団体が運営していた会員制交流サイト(SNS)は同DMOが引き継ぎ、名称を「VISITはちのへ」に変更した上で一元管理する。

 ホームページのアドレスはhttps://visithachinohe.com

八戸市

青森
館鼻岸壁朝市のPR大使・公認アイドル任命
青森
次の記録に「まっしぐら」2千本祝う缶詰め米
青森
更上閣(八戸)で菊花展、色とりどり140点
青森
「深浦サーモン棒寿司」全国最高賞
青森
南部「堅豆腐」を残そう