GOMA×豊盃 コラボ日本酒 ラベルに「津軽の自然」/三浦酒造

GOMAさんとコラボした日本酒を手にする三浦酒造の文仁専務(左)、剛史代表(中)、実土里さん

 青森県弘前市の三浦酒造(三浦剛史代表)が、平川市在住のアーティストGOMAさんとコラボした日本酒「GOMA×豊盃華想い30」を開発した。ラベルと化粧箱にGOMAさんの描き下ろしイラストをあしらい、コメは弘前市産「華想い」を使用。18日から全国の特約店で販売を始めた。

 コラボ企画は、同社の三浦文仁(ふみのり)専務(46)がこの夏、交流サイト(SNS)でGOMAさんのライブアートの配信を見て心を引かれ、メッセージを送ったことがきっかけで始まった。

 イラストには、津軽の自然をイメージし、岩木山やリンゴなどが描かれている。精米歩合は30%で、華想いをここまで磨くのは同社にとって初めての挑戦だったという。

 18日、同社で開いたお披露目会には、地元のボーカルユニット・ライスボールの実土里(みどり)さん(21)も登場。試飲して「さっぱりしていておいしい」などとPRした。

 文仁さんは「花が多いデザインで、まさに『華想い』にぴったりのお酒ができた。コロナ禍の自粛生活が続いているが、このお酒を飲んで元気になってほしい」と話した。

GOMAさんとコラボした三浦酒造の日本酒「GOMA×豊盃華想い30」

弘前市

青森
GOKANのアート楽しんで/フェス実行委が子ども向け鑑賞ガイド
青森
「津軽西海岸の石」テーマ 県外在住のアーティスト6組、オブジェや絵画など展示/弘前
青森
弘南鉄道大鰐線で金魚ねぷた列車スタート
青森
「金魚ねぷた列車」6日運行開始/弘南鉄道大鰐線
青森
ねぷた小屋公開、制作体験を/弘前駅前