3年ぶり三沢まつり、鮮やかな山車堂々と

山車審査で最優秀賞を受賞した「四霊獣・麟鳳亀龍」(中央町2丁目祭礼委員会)=20日午後2時46分、三沢市中央町2丁目

 青森県三沢市の夏を彩る「三沢まつり」が20日、開幕した。新型コロナウイルスの感染拡大により過去2年は中止。この日を待ちに待っていた市内団体による山車7台が、3年ぶりに街を練り歩いた。

 合同運行の初日に当たる「お通り」は午後2時にスタート。笛や太鼓のおはやしが響く中、山車は中心街をゆっくりと進んだ。道幅が広い県道で仕掛けがせり出したり、煙が上がったりすると、鈴なりになった沿道の観客から拍手と歓声が上がった。

 山車審査も行われ、中央町2丁目祭礼委員会の「四霊獣(よんれいじゅう)・麟鳳亀龍(りんほうきりゅう)」が最優秀賞を獲得。コロナの収束が一向に見えず、さらにロシアによるウクライナ軍事侵攻など暗い話題が続く中、平和への願いを込めて関係者一丸となり制作した。運行責任者の坂上拓哉さん(52)は「過去2年、山車をお披露目できなかった悔しさを力に変えて作業してきた。ぜひ多くの人に見てほしい」と話した。

 合同運行の最終日となる21日は「お還(かえ)り」で閉幕する。山車審査の最優秀賞以外の結果は次の通り。

 ▽優秀賞=薬師町祭礼委員会、幸町1丁目祭礼委員会
 ▽特別賞=本町4丁目祭礼

三沢市

青森
三沢-青森「雪見列車」2月4日から復活
青森
きらきら 市民魅了 三沢で「パンタシア」
青森
温泉ねぶたがお出迎え/三沢空港
青森
「三沢ほっき丼」提供店が売り込みに気勢
青森
10市の魅力、3年ぶり集結/三沢で大祭典