自販機で豆腐イカメンチ 五所川原・福士豆腐店

福士豆腐店前に設置された冷凍自動販売機

 創業約90年の歴史を持つ青森県五所川原市の福士豆腐店(福士和弘社長)の店頭に13日、豆腐入りイカメンチやきんちゃくなどを24時間提供する冷凍自動販売機がお目見えした。自販機の側面には大型立佞武多(たちねぷた)の写真がデザインされている。

 福祉施設の介護食の配食事業などを手がける「青い郷里(もり)」(青森市・松山留美子代表取締役社長)の打診を受けて設置。イカメンチなどのほか、青い郷里のシェフが調理した牛肉煮込みや野菜カレーなど5種類を用意した。価格はいずれも千円。電子レンジや湯煎で解凍すればすぐに食べられるという。

 自販機には、福士社長の息子で立佞武多制作者の裕朗さん(40)が手がけた大型立佞武多「稽古照今(けいこしょうこん)・神武天皇、金の鵄(とび)を得る」の写真が配され、3年ぶりに開催される立佞武多祭りのPRにも一役買っている。

 福士社長は「家で店の味を楽しめる。いつでも立ち寄ってほしい」と話している。

五所川原市

青森
高速バス・パンダ号、新宿行き片道3千円
青森
3年ぶり「ヤッテマレ」五所川原立佞武多開幕
青森
笹餅名人・桑田さんの日常写す/青森で写真展
青森
五農と五所高生の立佞武多出陣待つ
青森
立佞武多でSDGs 繊維くず再生紙使い制作