「桜ロード」見ごろ続く/むつ市大畑

桜並木の見ごろが続く「来さまい大畑桜ロード」=28日午後、むつ市関根

 青森県むつ市の国道279号沿いにある「来(か)さまい大畑桜ロード」で、ソメイヨシノの見ごろが続いている。県内の桜前線もそろそろ最終盤。28日は、車を止め、名残惜しそうに花を撮影する人の姿が見られた。

 むつ市出戸から同市大畑町湯坂下までの約7.8キロにわたり約1400本が並ぶ桜ロード。先週から徐々に咲き始めた。場所によっては葉が出たり、27日の強風で花が散ったりした木もあるが、まだ見応え十分だ。

 大畑町観光協会(同市)の濱田栄子会長によると、咲き具合は年によって異なるが、今年は「最高」だという。5月1日ごろまで花を楽しめるとの見通しを示しつつ、「ゆっくり眺めて、幸せな気分になってほしい」と話した。

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、同協会は3年連続で「さくらまつり」開催を断念。代替企画としてフォトコンテストを行っている。市内の水源地公園と早掛沼公園では29日、「むつ桜まつり」が開幕する。

むつ市

青森
「下北の縄文」再発見フェア
青森
縄文カード100種類作製/県埋文センター
青森
夜景の見える確率は? むつ市に「予報士」誕生
青森
下北の海の幸「浜焼き」で むつ・名産センター
青森
3年ぶり、街に山車と囃子/田名部まつり開幕