上から伸びるつららと下の土台部分が完全につながった乳穂ケ滝=7日午後3時すぎ

 青森県西目屋村の目屋観光協会は7日、同村田代の乳穂ケ滝(におがたき)で、上から伸びるつららと下の土台部分が全てつながる「完全結氷」を確認したと発表した。4年ぶり。

 高さ約33メートル、直径2メートルほどの氷柱は管状の構造で、中を水がしたたり落ちる音が聞こえる。滝は1日に上から下までつながったが、くっついていたのは一部だけだった。その後も冷え込みが続き、順調に根元部分が育った。

 協会事務局の西目屋村の担当者は「滝の裏側からも見ることができる。近くにお寄りの際はぜひご覧ください」と話す。夜は午後10時までライトアップしている。

西目屋村

青森
歩いてポイントゲット 9月「古津軽ウィーク」
青森
GMUのふるさとナビ2 西目屋・白神のクマ肉
青森
駆除クマの革でクラフト体験/白神公社
青森
白神ビジターセンターが大規模リニューアル
青森
捕獲クマ肉でレトルト2種 西目屋・白神公社