二ツ森貝塚PRクッキー第2弾発売/みやきん・七戸

二ツ森貝塚の出土品を模したクッキーの第2弾「二ツ森浪漫」=七戸町役場提供(撮影用にクッキーを袋から取り出しています)

 世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産の一つ、青森県七戸町の二ツ森貝塚を盛り上げようと、同町の老舗和洋菓子店「お菓子のみやきん」(宮沢一史社長)は、貝塚の出土品を模したクッキーを詰め合わせた「二ツ森浪漫(ろまん)」を発売した。8月に続く第2弾で、出土品の五つの県重宝をかたどったクッキーが入っている。

 第1弾はクジラの骨で作られた鯨骨製青竜刀形骨器と、鹿角製叉状品(ろっかくせいさじょうひん)の二つの県重宝を取り入れていたが、今回は鹿角製櫛(ろっかくせいくし)など残りの三つを加え、高級感を出したという。土器のかけらを表現し、あえて割れた状態のクッキーも引き続き詰め合わせた。味はプレーン、ココア、エゴマのほか、縄文時代の人々も食べていたとされるクルミを追加した。

 第1弾と同じく同町の有志らでつくる遺跡ガイド団体「二ツ森貝塚ボランティアガイドの会」(向中野政男会長)が同社に製作を依頼した。同会によると、第1弾で全ての県重宝のクッキーを作りたかったが、鹿角製櫛の形状が複雑で再現が難しかったという。その後も工夫を重ね、櫛を含んだ商品を開発した。

 同会の山本泰二副会長は取材に「クッキーを通して二ツ森貝塚に興味を持ち、親しんでほしい」と語った。1箱300グラム入り2千円(税込み)。同社の県内6店舗、二ツ森貝塚館と道の駅しちのへで取り扱っている。



七戸町

青森
GMUのふるさとナビ2 七戸・アップルポークの冷やし麺
青森
東八甲田ローズカントリーでバラ見ごろ/七戸
青森
「縄文スタンプラリー」1日スタート
青森
そっくりスイーツ 今年も みやきん/七戸
青森
老舗のつくだ煮で冷凍おにぎり 3月3日発売