「無病息災」願い金剛力士像 遠野、名物看板2年ぶり新調

2年ぶりに新調した遠野消防署宮守出張所の看板
 遠野消防署宮守出張所(菊池和弘所長)は、世相を風刺する名物看板を2年ぶりに新調した。新型コロナウイルス禍の終息を願う「祈 無病息災」の黄金文字と金剛力士像が迫力を放つ。

 看板は縦3メートル、幅6メートルで、遠野市宮守町の国道283号沿いの出張所前に設置。職員9人が1カ月かけて仕上げた。今年上半期の火災多発も踏まえ、テーマに無病息災を選んだ。

 看板は旧宮守村時代から続く当地の名物で、過去には東日本大震災被災地との「絆」をアピールしたり、岩手国体の成功を願うものも。ここ2年は東京五輪・パラリンピックのホストタウン国ブラジルの熱戦をイメージする絵を採用した。

遠野市

岩手
助け合い社会の縄文から学ぶ 遠野のドキ・土器館で企画展
岩手
スギの香り漂う木工作品展 遠野森業倶楽部
岩手
遠野物語、誕生の軌跡 新たな知見をもたらす一冊に
岩手
民話の古里、楽しむ冬 「遠野ふゆまつり2022」がスタート
岩手
羊乳チーズで絶妙スイーツ 遠野・ジンギスカンのあんべ