風間浦「海峡の湯」オープン1カ月で1万人

「下風呂温泉 海峡の湯」入浴客1万人目となった木部さん夫妻に記念品を贈呈する冨岡村長(右)=4日午後3時20分ごろ

 青森県風間浦村が昨年12月1日にオープンした「下風呂温泉 海峡の湯」は4日、入浴客1万人を突破した。1万人目となった、むつ市の会社員木部貴昭さん(47)夫妻に、冨岡宏村長が記念品をプレゼントした。

 冨岡村長は、受け付けで入浴券を手渡した木部さんと妻で歯科助手の千春さん(46)に「おめでとうございます。1万人目です」と伝え、記念品の青森ヒバの風呂おけ、タオル、大湯の湯花を手渡した。この日初めて訪れたという2人。千春さんは「仕事終わりに温まりに来た」、木部さんは「何百万人目にもなれるよう、これからもずっと来たい」と笑顔を見せた。

 冨岡村長は「予想を上回るペースの入館者数に喜んでいる。夏場に向け、もっと増えることを期待する」と語った。

 「海峡の湯」は新築の村営温泉施設。昨年11月末で閉館した下風呂温泉の共同浴場「大湯」「新湯」の源泉を引き継ぎ、旧長谷旅館が引いていた源泉と計3種の湯が楽しめる。

風間浦村

青森
大雨災害支援へのお礼 「アンコウ鍋どうぞ」
青森
「海峡の湯」入浴10万人 開業1年余
青森
旬のアンコウ、お得に 21日から3店で「鍋フェスタ」
青森
GMUのふるさとナビ 風間浦・アンコウ料理
青森
下北に来て! 青森県が観光再開セレモニー