南部町で梨狩りオープン 園児ら招かれ味わう

手を伸ばして梨をもぎ取る園児

 青森県南部町で梨が収穫期を迎え、上名久井地区の観光農園で25日、梨狩りオープニングセレモニーが行われた。同町のチェリーこども園の園児24人が招待を受けて訪問し、甘くみずみずしい旬の味を満喫した。

 セレモニーは達者村農業観光振興会果樹部会(佐々木幸雄会長)が主催。農園園主の蹴揚福男さん(72)が「食べ頃の梨をたくさん食べていって」と歓迎した。

 園児たちは早速、歓声を上げながらたわわに実った梨をもぎ取り、皮をむいてもらって味わった。野原悠ちゃん(5)は「しゃりしゃりしておいしい」と満足げだった。

 蹴揚さんによると、今年は天候に恵まれ例年並みの作柄で、10月10日ごろまで楽しめるという。

 梨狩りは町内2農園が実施し、1時間食べ放題で中学生以上700円、3歳~小学生400円。3日前までの予約制で、申し込みと問い合わせは、ながわ農業観光案内所(電話0178-76-3020)へ。

南部町

青森
南部町で「さくらんぼ狩り」を/フルーツ娘PR
青森
南部・観光農園でサクランボ狩り始まる
青森
大輪あでやか ボタン見ごろ/南部
青森
「ぼたんまつり」開幕前に園児招待/南部
青森
「南部氏×女子旅」のパンフ作成