中里高校生考案の激辛ラーメン、18日デビュー

提供店の経営者にレシピを贈呈する副部長の佐々木さん(右)

 青森県中泊町の中里高校(白濱卯校長)の生徒が、インド原産唐辛子「ジョロキア」を使って考案した激辛料理の「マーボーラーメン」が18日から、町内の飲食店で提供される。同町の駅ナカにぎわい空間で16日、レシピの贈呈式が行われた。生徒たちは「辛いもの好きの人はぜひ食べてほしい」とPRしている。

 提供店は「駅ナカちゃんこ食堂」、「くつろぎダイニング哲。」、道の駅こどまりポントマリ内の「レストラン竜泊」の3店舗。

 マーボーラーメンは、ジョロキアのエキスでひき肉を炒めたマーボー豆腐をベースにしている。辛さを調整できるトッピング「ジョロキアラー油」の製造法も生徒たちが考案した。

 ジョロキアは、町内の合同会社「ツリーワーク」がクマの忌避剤を製造するために栽培している。町内産ジョロキアを地域の活性化に役立てられないかと、昨年から中里高SBP(ソーシャル・ビジネス・プロジェクト)同好会の生徒たちがメニュー作りに取り組んできた。

 贈呈式では、濱舘豊光町長とツリーワークの佐々木嘉幸代表を立会人に、同好会副部長の佐々木そらさん(3年)から3店舗の代表にレシピと認定証が手渡された。佐々木さんは「辛いものとラーメンはよく合うと思う」と売れ行きに期待をかけていた。

 18日から駅ナカちゃんこ食堂で、1杯700円(税込み)で販売する。他の2店も順次取り扱う。

中里高生が考案したジョロキア入り「マーボーラーメン」

中泊町

青森
冬の風物詩「ストーブ列車」運行始まる
青森
中泊の街、きらめく電飾アート
青森
津軽や秋田の「駅カード」12駅で配布
青森
旧家「宮越家」(中泊)一般公開始まる
青森
お店回って景品、中泊町でスタンプラリー