盛岡三大麺(盛岡市)

盛岡冷麺
 独特の麺文化が発展してきた盛岡で絶大な人気を誇る盛岡冷麺、盛岡じゃじゃ麺、わんこそば。盛岡冷麺はコシの強い半透明の麺に、牛骨などからとったコクのある透き通ったスープ、キムチのピリ辛と酸味のコラボレーションが魅力だ。盛岡市民にとって焼き肉店で盛岡冷麺だけを頼むのはよくあること。盛岡じゃじゃ麺はうどんのようなモチモチ麺に香ばしい肉みそとキュウリをのせ、好みでニンニク、ショウガ、酢、ラー油を加えかき混ぜて食べる。食べ終えた皿に卵をといて麺のゆで汁を注ぎ、肉みそで味付けしたスープ・チータンタンで締めるのが「常識」だ。わんこそばは、小分けにした温かいそばを給仕さんが「はいじゃんじゃん」などの掛け声とともに、お客さんのわんにどんどん入れる楽しい料理。店によって異なるが約15杯でかけそば1杯分となる。毎年冬には全日本選手権が開かれ、全国の胃袋自慢が集結する。

盛岡市

岩手
商店街彩る七夕飾り 盛岡・肴町で7日まで
岩手
一戸発信「縄文スイーツ」 県北食材事業の第1弾
岩手
五輪効果 県内でスケボー人気 街中のマナーに課題も
岩手
原敬百回忌で前半生の企画展 盛岡・記念館、資料114点
岩手
盛岡文士劇 2年ぶり公演 12月4、5日県内在住者のみ出演へ