平川市観光協会が事務所を移転へ

4月からふるさとセンター1階に事務所を移転し業務を始める平川市観光協会

 平川市観光協会(山田忠利会長)は4月1日から、市役所尾上分庁舎2階にある事務所を猿賀公園内に移し、観光案内所も兼ねながら、新体制での業務を始める。年末年始以外は毎日営業し、より積極的に観光情報を発信する。

 新事務所が移転するのは、猿賀公園内の同市尾上農村環境改善センター「さるか荘」に併設する「ふるさとセンター」1階。猿賀神社や国名勝・盛美園が近く、桜やハスの花の開花情報などをより素早く発信できる。営業日の増加に伴い協会職員は3人から5人に増員し、観光案内や「蓮(はす)の花まつり」などのイベントを行う。

 山田会長は「今まで以上に地域の文化、歴史、伝統を市内外に発信していきたい。平川市に観光で訪れた方は、ぜひ気軽に立ち寄ってほしい」と話した。

 営業時間は午前8時15分~午後5時。土日祝日も開く(12月29日~翌年1月3日は休館)。問い合わせは同協会(0172-40-2231)へ。

 また、市観光協会は写真撮影スポットやイベント情報などを紹介する猿賀公園と盛美園のガイドマップを新たに製作した。1万部作り、4月から同協会事務所や公共施設、宿泊施設などで配布する。

写真撮影スポットなどを紹介する猿賀公園と盛美園のガイドマップ

平川市

青森
津軽8市町村 応援フェア+スタンプラリー
青森
祭りは中止でも世界一の扇ねぷた張り替え
青森
平川・猿賀神社でレンコン収穫始まる
青森
「古津軽」7市町村の旅、ホームページ開設
青森
浴槽周囲に畳 「トド寝」いかが/山のホテル