「氷瀑」露天風呂やスイーツ/奥入瀬冬の魅力

3メートル超の氷瀑の壁に囲まれた露天風呂。クリスタルブルーの冬景色が広がる

 冬季営業を再開して3年目を迎える「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」(青森県十和田市奥瀬、山下麗奈総支配人)で、今年も奥入瀬渓流を望む露天風呂が冬限定の「氷瀑(ひょうばく)の湯」となり、宿泊客の目を楽しませている。新たに氷瀑にちなんだ限定スイーツも提供しており、冬の奥入瀬の魅力を大々的にPRしている。冬季営業は3月23日まで。

 氷瀑の湯は、奥入瀬渓流の冬の名物を風呂に漬かりながら楽しんでもらおうと、冬季営業を再開した2017年度に開始。本年度も昨年12月初めから幅約16メートルの壁に霧吹きのように水を吹きつけ、じっくり氷結させた。この時期は高さ3メートルを超え、見ごろとなるという。

 日中、日差しを浴びた氷瀑はクリスタルブルーのような輝きを見せ、夜間はライトアップされて浮き上がる。ホテル広報によると、氷が雪化粧した場合は一段と自然美が増すという。眼下の渓流の流れと相まって館内の名物スポットとして定着している。

 さらに本年度は冬限定の新メニュー「氷瀑スイーツ」(1500円、税別)も登場させた。青みがかったメレンゲを氷瀑に、リンゴムースやトッピングを渓流に見立てた一日10食限定のデザート。露天風呂と合わせ「氷瀑づくし」のもてなしに力を注ぐ。

 「氷瀑の湯」の入浴、スイーツ購入は宿泊客限定。JRバス東北の定期観光バス「冬の美・十和田奥入瀬氷瀑号」の利用者は入浴が可能(料金別)。問い合わせは星野リゾート予約センター(電話0570-073-022)へ。

銚子大滝の氷瀑をイメージした冬限定スイーツ(ホテル提供)

十和田市

青森
循環バスデザイン 蜷川さんら担当/十和田
青森
つがるの馬ねぶた展示/十和田馬事公苑の称徳館
青森
厳寒美堪能 奥入瀬渓流で氷瀑ナイトツアー
青森
花火、LED…十和田湖彩る/「冬物語」開幕
青森
気鋭のアニメ作家3組出展/25日から映像祭